ジズゥ+R日記

愛猫ジズーとRの日常日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ産牛肉の輸入再開が決まりました。

結局、政府は私たちの健康をアメリカに売ったと言ったら
大げさですが、アメリカの圧力に負けてしまったって感じでしょうか。
100%安全だという保証がないまま輸入再開です。

アメリカのドラマは大好きなのに…って違うか(苦笑)。

で、結局全頭検査をして安全と認められたお肉が輸入される
のかしら…?
確か危険部位が混ざっていたのがわかって輸入停止。
それから検査の事でアメリカはごねてましたよね。
安全って認めたんでしょうか…。

まずは、政府の方々に肉骨粉やら牛肉をガツガツ食べてもらって、
「みなさんっ 安全です!」って言ってもらいたいものです。

食べる、食べないは「自己責任」って事なんでしょうか…。
多分、私はどれだけ安くなってもアメリカ産牛肉は買わないと思います。
でも、国産牛肉って高いですよねぇ…。
神戸で、神戸牛を食べた時なんて150gで¥4,100!!だったし。
ま、ブランド牛だからでしょうけど、それにしても、お手軽に晩ご飯
のおかずに…ってできません。

自分で気をつけてアメリカ産を買わないようにしていても、例えば
スーパーでアメリカ産をオーストラリア産と偽って販売していたり
カレールゥとかにアメリカ産の牛肉が使われていたら、気がつかずに
手にしてしまう事になりますよね。
見分ける方法とかあるといいんですけどね。
前に、お肉を見分ける達人がいましたけど、脂のつき方とか色とか…って
言っていたような…。
でも、素人の私には無理だろうなぁ…。

8月からお肉コーナーで頬に手を当てながら悩む奥様多くなりそう
ですね。

という訳で、再輸入前にオーストラリア産牛肉でクリスマスぶりの
ローストビーフを作ってみました。
旦那が働いていたイタめしやではローストビーフをロービーって
呼んでたんですって。

ジップロックにローリエとセロリの葉とくず野菜(人参の皮など)と
ワイン(今回は料理酒)を少々入れて、お肉を入れて軽く揉んで寝かせること
数時間。焼く1時間前には室温に戻しておく。
フライパンに油をひいて、水気を拭き取って塩こしょうしたお肉の
全面を焼く。焼き時間はお肉の大きさによって変わりますが、この
大きさで中火1分半って感じです。
全面焼いたらアルミホイルに包んでタオルを巻いてしばらく置く。
冷めたら切って出来上がり♪

始めに漬けずに、フライパンで焼き色をつけて、オーブンにくず野菜と
一緒に入れて焼く方法もあるみたいですが、面倒臭いので
フライパンのみで、余熱を利用しました。
それでも充分!

市販のローストビーフのソースに漬け汁を足して火にかけて
ホースラディッシュと一緒に頂きます。

DVC10093.jpg


柔らかくって美味しかった☆
これで思い残す事はない…なんて(笑)。

話しは変わって………

最近、必ず朝の5時に起こすジズーさん。
まだ器にカリカリが残っているのに、新しいカリカリを出すまでは
ぐずりっこ。なんでしょう…。

DVC10095.jpg


ベッドの頭のところにこうして顔だけ出して、バリバリやったり
ニャーニャー鳴いたりするんです。
渋々起きて眼鏡をかけるとこんな顔してるので、怒りきれずに
いつもジズーの言いなりなんですけども。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
久々の日記です。
なぜならばっ!!
日記に書くようなネタがなかったからです…(苦笑)。
雨続きだった事もあり、外に出たのは、ハローワークと
近所のスーパーくらいで、後はずーっと家でネットしたり、
本を読んだりひきこもっていました。お恥ずかし…。

昨日は久々に友達とお出かけをしてきました。
ちゅまさんと、ののちゃんと横浜中華街へ。
雨続きでお天気が心配でしたが快晴♪快晴♪

11時に元町・中華街に着いて、まずは腹ごしらえ。
3人とも刀削麺を食べた事がなかったので、関帝廟通りに
ある「京華楼」に行きました。

DVC10089.jpg


牛バラ肉刀削麺
辛さが☆3つ中1つだったので、たいした事ないだろうと思ったのに
意外と辛くてビックリ。四川料理店だったからかしら…。

3人とも途中でお腹いっぱいになってしまって、完食は出来ず…。
刀削麺…ラーメンの麺かと思ったら、小麦粉なんですね。
ってことは、やっぱりうどんと同じだったのか…。
お肉もホロホロで、お味もよかったのですが、麺がすごくてちょっと
飽きちゃいました。食べても食べてもゴールが見えないっ!
ランチの時間になると、人がどんどん増えてきたので、お店を出て
近くでお茶を。

「悟空茶荘」
1階には茶葉や茶器の販売店で、2階が茶館になっています。
たくさん珍しい種類のお茶があって選ぶのが大変。

DVC10088.jpg


私は 霍山黄芽(かくざんこうが) という栗の炭で
燻した黄茶にしました。ちょっと変わった味。茶柱♪

3人バラバラのお茶を頼んだのですが、それぞれ茶器が違い
本格的でした。

DVC10086.jpg


テーブルにはアルコールランプがあって、常時やかんに入っている
お湯を温めながら、自分達のペースで頂く事が出来ます。

DVC10087.jpg


さんざしとカボチャの種とドライマンゴーがついてきます。

5、6煎は飲めますと言われて、始めはそんなに飲まないだろうと
思っていたのに、話しに盛り上がって、気づくとお湯のおかわりまでして
5煎以上頂いてしまいました(笑)。

私はののちゃんが飲んだ「暴々茶」が気に入ったので、その茶葉と
ちゅまさんオススメの「桂花茶」の茶葉を買いました。

今回の目的は「食」ではなく、「猫」だったので、リサーチしていた
関帝廟通りの猫を探したのですが、さすがの暑さで残念ながら中華街で
猫には会えず。
港の見える丘公園まで移動することにしました。
元町を抜けて、外人墓地の坂を上がり、汗だくです。
途中2ニャンに会いましたが、以前旦那と来た時にはもっとたくさん
いたので、お庭の手入れをしていた人に猫の居場所を教えてもらいました。
そしたら、いました!いました!
お腹が空いているのか、ニャーニャー来る子や、のんびりお腹を出して
日陰で寝ている子がたくさんいました。
周りは夏休みもあってカップルが海を眺めているというのに、私たちは
茂みを探してキョロキョロ(笑)。
怪しい3人組でした。

向こうからテケテケと歩いて私たちの横を素通りする三毛さんが…。
公園の水飲み場があるところでピタリと止まったので、ちゅまさんが
蛇口をひねって手からお水を上げると、この暑さもあってペロペロと
おいしそうに飲んでいました。
しばらく水を出しっぱなしにすると、な、なんとそこから舌をチロチロと
出して飲むではありませんか!!
可愛いっ!可愛すぎるぅ!とキャーキャー騒いで撮影会(笑)。

DVC10083.jpg


3人とも暑さでヘロヘロだったのですが、もう一度中華街へ戻り
QQ屋台屋で、「マンゴーかき氷」を食べました。
必死で食べたので、写真を撮るのを忘れちゃいましたが、
かき氷の上にマンゴーたっぷりと練乳とマンゴーアイスが乗っています。

横浜大世界をちょっとぶらついて、山下公園に行き
横浜までシーバスに乗りました。
海風がとても気持ちよかったです♪

ちょうどそごうのところに着くので、帰りに旦那のお財布を
買って、ポルタでお茶をして帰ってきました。

久々のお出かけ大満喫でした。
腐っていた私を救い出してくれてありがとう~。
いつも、行きか、帰りに旦那が時間を合わせてくれて一緒に
電車に乗ってくれたのですが、今回は行きも帰りも1人!
やや緊張はしましたが、私なりに少しずつ前進してます!

買った桂花茶を頂きながら、達成感にウルウルしたのでした。

DVC10078.jpg


すごくいい香りであっさりしていて、女性らしい味。美味しい!

ふと、視線を感じて横を見ると…。

DVC10090.jpg


浮気したにゃっ!

ハイハイ…ジズーさんが一番ですよぅ。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
実家の父が都内の病院に定期検診に行く為に、昨日から
我が家に泊まっていました。

なんでも赤チンかアロエかメンソレータムで治し、
いつもいつまでも元気で陽気な父だと思っていましたが、
少しずつ色んなところが悪くなり、先日は胃のポリープの
切除をして、だいぶ痩せていました。
食事のコントロールをし始めたら8kgも体重が落ちたようです。

父は具合が悪くても黙っているんですよね。
私が高校生の頃、いつも丼山盛り一杯食べる父が1杯も
食べず、翌日のお弁当も残してきて…。
母とおかしいね、と言っていたら結局は甲状腺の病気で
都内で手術をすることになってしまいました。
バセドウ病も一緒に発症してしまったので、左の眼球が突出
してしまい、これまた都内で手術をしました。
その影響で、現在も都内の眼科に定期検診しているのです。

今でもそうですが、父はすごくマメで、小学生の頃は引率者
として友達と色んなところに連れて行ってくれました。
私が中学生の時に父の勤めていたドックが潰れてしまいました。
当時父は45、6だと思うのですが、なぜか家族でお父さんは
充分働いたと言う結論になり、再就職活動はしませんでした。
という訳でずーっとフリーターです。
と言うよりは「何でも屋」ですかね。
畑があるので野菜を作ったり、知り合いのお宅の修繕をしたり…。
野菜のお裾分けをする変わりに温泉に入れてもらったりと
ホント自由に暮らしています。
母は現在も会社員として働いていますが、父のせいなのかどうか
はわかりません。
母が父の事で苦労をしている様子は感じませんでしたし、
2人はとても仲良しで、毎日一緒に買い物に行ってましたし、
母はよくコロコロと笑っていました。
母は父の事を「吉四六さん」と呼んでいます(笑)。
父が出先から帰って来ると玄関の外から「ニャオ~」と猫の
鳴きまねをして、母も「ニャオ~」と返す元祖バカップル
って感じです。

高校の頃、友人が我が家に遊びに来た時に、父が「リモコン、
リモコン…」って言ったんです。我が家のテレビはテレビの横に
チャンネル毎のボタンがあるテレビでリモコンなんて…と思って
いたら、壊れたラジオのアンテナに細い木の棒を結んだリモコン
が登場したのです。
ちょっと離れたところからでも、その「リモコン(棒)」で
チャンネルボタンをポチッと押せば…まさにリモコンだったのです。
友人大笑い。なぜか父も大笑い。

昨日から父が気を使わないように、不自由がないようにと色々と
気を使い、見送った後にどっと疲れが出たのですが、書きながら
色々思い出して、疲れも吹っ飛んで行きました。

いつまでも元気でいて欲しいです。

こんなのが父の手提げ鞄についていました(笑)。
chichibag.jpg

このキャラクターなんでしょう…。


父が作った野菜達。
chichiyasai.jpg

どれも味が濃くて美味しい!
テーマ:日記 - ジャンル:日記
world-t.jpg


あっと言う間の1ヶ月。
ワールドカップが終わりました~。

昨日の決勝は、ジズーの引退でもあったわけですが、何とも
後味の悪い最後になってしまいました。
ジダンは延長後半5分でイタリアのマテラッツィに頭突きを
して一発レッドの退場と言う最後になってしまいました。
どうもマテラッツィがジダンに何か言ったように見えましたが、
サッカーのルールではどんな事を言われても、先に手を出した
方が負けなんですって。
自分が最後の試合だとわかっているのに、キレてしまったには
よっぽどの理由があると思うのですが…。
サッカーのルールではジダンが悪かったのかもしれませんが
私はどうしてもマテラッツィが許せません。
何を言ったかは2人にしかわかりませんが、私はジダンを信じます。
日本には足りないマリーシア(狡賢さ)が当たり前のイタリアと
言われますが、私にはどうしても受け入れられません。

どちらにせよ、2人ともプレーで戦って欲しかった…。

DVC10058.jpg


ふむふむ…同じジズーとして複雑だにゃー。

結局PK戦になり、イタリアが優勝しました。
どちらの点も流れからではなく、セットプレーでしたし
PK戦なんてくじ引きと同じですから、イタリアが優勝したからと
言ってうれしくもなーんとも思いませんでした。

どちらも守りのチームなので、観ていて単純であまり面白い
試合とは言えませんでした。

そんなこんなで冴えない幕切れになってしまいました。

ジダンは記録にも記憶にも残る最後になってしまいましたが、
まるで足に糸とボールがついているんじゃないの!?ってドリブルや
ダンスを踊っているような動き。
どれくらいすごいかってあまりよくわかりませんが、とにかく
「わぉ!」って思わせてくれました。
サッカーを好きになる何%かはジダンのお陰。
ありがとう。

今回のワールドカップはドイツに行けたという事もあり、
心に残るものになりました。

ワールドカップ時間で生活していた我が家もようやく
いつもの生活に戻ります。
あまり相手にされなかったジズーもここぞとばかりに甘えて
きます。

こんな感じ。
amaekko.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:日記
私は、気分が落ち込み気味の時は、スイーツを作ったり、凝ったものを
作って気を紛らわす事が多いです。
スカーッとすることよりも、黙々とチマチマしたことをやる方が
気が紛れたりするんですよね。

いつもの様にスイーツを作ろうかと思ったら、卵が足りず。
仕方がないと録りだめしておいた、海外ドラマを観てリフレッシュ。
最近AXNで始まった「LAX」と言う、ロサンゼルス空港を舞台にした
ドラマです。
「メルローズ・プレイス」でもおなじみの、ヘザー・ロックリアと
「sex and the city」の第6シーズンでミランダの恋人だった
ブレア・アンダーウッドが主演とあって楽しみにしていたんですよね。
期待通りおもしろくて、いいリフレッシュになりましたが、やっぱり
いつものように「黙々、ちまちま」したくて…。

雨もあがったので、食材の買い出しに行くと「豆あじ」が安かった
ので、これだ!と早速買って調理開始!

ぜいごを切り、お腹を切って手でわたを黙々と、チマチマと25尾。
(今、魚の数え方って匹だっけ、尾だっけ…と思って調べたら
生きている時は「匹」水揚げされたら「尾」商品になったら、その形状
にあわせて「本」「枚」なんですって!初めて知りました!)

下処理が終わって水気を切っている間に、酢、醤油、水、砂糖、みりん
酒と鷹の爪を適量入れて一煮立ちさせておきます。

タマネギ、人参(さっと茹でる)、きゅうりを切り塩をふって
水気を出しておく。

鯵の水気が充分切れたら、小麦粉をつけて(お腹の中もちゃんと小麦粉を
はたく)油でカラリと揚げる。
揚がったら、チョイチョイと油を切って、そのまま一煮立ちさせた
漬けダレにドボン。
ジュジュッといい音を立てます♪
最後に野菜を乗せて、粗熱を取ってから冷蔵庫でヒタヒタと漬けます。
時々ひっくり返す。

と言う訳で「鯵の南蛮漬け」を作りました。

DVC10055_1.jpg




豆あじの下処理はすごく面倒だし、あらためて作り方を書いてみると
出来上がるまでの時間のかかりようったら…。
普段なら、あー面倒くさいっ!で作ろうとも思いませんが、今回はひたすら
黙々と、ちまちまと出来たので、いいリフレッシュになりました。

普通のお酢がなくて、すし酢で砂糖を少なめで作りましたが、その方が
味がまろやかでよかったです。

ふーやりがいがあったぁ。

ワールドカップのドイツーイタリアも、前半からすごく面白い
ゲームで、イタリアが劇的勝利をして、ガットゥーゾが涙している
のも見られたし、↑up↑してきました♪

みなさんからの温かいコメントも↑up↑です。
どうもありがとう!!


魚の匂いを嗅ぎつけて、足元でニャァニャァうるさかったジズーさん。
怒られてしょんぼりとふてくされっこでした。

sunejiji.jpg


ボクが一番元気づけてるのににゃぁ…。

今日はフランスですよ、ジズーさん、リアルジズーの活躍を祈りましょ☆


<今日の晩ご飯>
鯵の南蛮漬け、ピーマンとじゃこの甘辛炒め、ニラ玉、竹の子ご飯、みそ汁
続きを読む
テーマ:日記 - ジャンル:日記
みんなの畑には花や実が一杯なのに、
私の畑はまだ花が咲かない。実がつかない。

私の周りにはすごい人ばかりで、最近そのすごさを改めて感じ
ちょっと調子が狂ってしまい、落ち込み気味。

何をやるにしても色んなものがつきまとって、いつも体も
心もフル回転。
そんなんじゃダメだとわかっているのに、なかなかそうはいきません。
みんなは余裕しゃくしゃく。
必死に畑に肥料や、お水をあげて手入れをしているのに、
なぜか私の畑には花が咲かない。実がつかない…。
どうしてなんだろう…。
みんなはどうやって花を咲かせ、実をつけているのだろう。

それぞれの畑、私は私の畑。
私のペースで花を咲かせればいい。実をつければいい。
そう思ってはいるのだけれども、周りの畑があまりに立派なので
どうしてもペースが乱れてしまいます。

でも、ここで耕すのを止めたら、花が咲くどころか枯れてしまう。
それも充分わかっている。

ふー。

そんな夢のような現実のような、夢。のような…。

少し休んでお茶にしますかね。




6月30日は3つの記念日がありました。

1つ目は、ジズーさん7歳のバースデー!
…と言ってもジズーさんは保護センターからやってきたので
本当の誕生日はわからず…。
色んなペットショップの猫ちゃんを見て、家に来た時の大きさ
から4ヶ月くらいで家に来たのではないかと推測。
そこで6月30日にしました。
でも、ジズーは大猫さんだから本当はもっと若いかも~。

zizoo7th.jpg


旦那にグルーミングしてもらい、うっとりなジズーさん。

誕生日プレゼントは「ささみの湯びき」でした。

最近はいつもの嘔吐はなくなり元気いっぱい。
いつまでも元気でいてくださいにゃ。

そして2つ目は、旦那が独立して1年。
早いですね~。
何の相談もなく、事後報告で始めて私は大激怒でした。
始めはどうなる事かとヒヤヒヤでしたが、だんだん旦那の
顔つきも変わってきたんですよね。
充実しているって感じ。
そんなこんなであっという間に1年が経ちました。
今は私が専業主婦の身なので、旦那に色んな責任が
乗っかってしまって、プレッシャーでいいものが書けない
かなぁ…なんてちょっと気がかりだったりもしますが
どうなるにせよ、全面的にサポートしていきたいと思います。
テレビガイドや、TVjapan、ジュノン などに
旦那の記事が書いてありますので、よかったら立ち読み(笑)
してみてください。

そして3つ目は、入籍記念日。
入籍して9年目に突入しました。
98年、イングランド対アルゼンチン戦でベッカムが
退場になった「10人のライオンと1人の愚か者」の日。
そんな覚え方をした、いや、させられてから8年…。
お気に入りのお店「ラ・ローザンヌ」へランチを食べに。

DVC10051.jpg


単品で頼んだ、自家製スモークサーモン

DVC10050.jpg


DVC10047_1.jpg



 たっぷり野菜のスープ/鶏肉の白ワイン煮/デザート/コーヒー
    ケーキ:ディアブロタン

DVC10049.jpg


DVC10048.jpg


 季節のスープ(コーン)/鎌倉野菜のサラダ/骨付き豚のグリル/デザート/コーヒー
  ケーキ:桃のパイ

お味はもちろん、奥様がとても可愛らしくて接客がいいんです。
ここ、表向きはケーキ屋さんなので、デザートにはずれがないっ!
今回は季節ものの「桃のパイ」を早速チョイス。

帰りに、夜ドイツ対アルゼンチン戦をO君と我が家で観戦する予定
だったので、お持ち帰りのケーキを…と思い選んでいると
桃のパイの隣りに手書きのメモが…。さっきはなかったのに。
 ※桃のパイはセットメニューにはできません。

本当は、まだ桃の季節には早いので、ランチセットには出来ない
らしいのですが、今日からだったので奥様も忘れていたみたいです。
私が注文した時に気がつかれたようです。
でも、私にはそんな事一言も言いませんでした。

そういう心遣いというか、サービスというか、それが
お料理にもケーキにも出ているんですよね~。

お腹も心も大満足♪
地元でこんな素敵なお店があるなんて幸せです。

夜にはいつものようにジムに行き、夜には友人のO君が
遊びに来てくれて、一緒に餃子大会をしながらドイツ対
アルゼンチン戦を観て、長い1日が終わりました。
あ、イタリア対ウクライナは前半で撃沈…zzz..


特にたいしたイベントはしませんでしたが、家族がみんな元気で
笑顔でいられるのが何より。
まさに「毎日楽しくごちそーさん」。

zizoo_r.jpg


これからもよろしくにゃー。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。